おすすめのモバイルルーター【Trip WiFi】料金は使用分のみ!縛り&解約金なし!

  • モバイルWiFiに興味があるけど料金が高そうだから使っていない
  • 毎日モバイルWiFiを使う訳じゃないけど「たまに」使いたいと感じる事がある
  • 出張や旅行で海外に行く機会が多い

これらに当てはまる方は、是非この記事を参考にしてみてください。

この記事ではチャージタイプのモバイルWiFiである【Trip WiFi】の魅力についてご紹介していきます。

モバイルWiFiには「サブスクタイプ」「チャージタイプ」「レンタルタイプ」の3つのタイプがありますが、Trip WiFiは「チャージタイプ」のモバイルWiFiです。

一般的にチャージタイプのモバイルWiFiは自由度の高い使い方が可能で、利用頻度や消費するデータ容量(ギガ)によっては、便利でお安く利用できます。

Trip WiFiの魅力と同時に、利用するのに「適した人」と「適していない人」についても解説していきます。

契約に縛られることなく、自由に最安級のモバイルWiFiを利用したい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

使い方次第で最安達成!安い料金で必要な時だけモバイルWiFiを使う!

Trip WiFiは利用者が必要な分だけデータ容量(ギガ)をチャージして使用するチャージタイプのモバイルWiFiです。
つまり、

  • 使わない時は料金を支払う必要がない
  • 必要な時だけ料金を支払う

という使い方が可能となります。

月額料金を支払うサブスクタイプのモバイルWiFiに比べて、料金を抑えたムダのない使い方ができるというワケですね。

モバイルWiFiを使う頻度がそれ程多くないという人は、Trip WiFiを上手く利用する事によって「最安」の料金でモバイルWiFiを使えるはずです。

以下では他のタイプの代表的なモバイルWiFiと料金を比較した結果をご紹介します。
あわせて、Trip WiFiを利用した方が良い人と不向きな人についても解説していきます。

なお、その他のタイプのモバイルWiFiに興味がある方は下記の記事をご欄ください。

【月額料金で比較】1ヵ月に3GBしか使わないならTrip WiFiが最安!

それでは、モバイルWiFiのタイプ別にコスト比較をした結果をご紹介します。
ちなみに、コストが それぞれタイプの中で最安級と思われるプランで比較しています。

*価格はすべて税込

ZEUS WiFi Trip WiFi WiFiレンタルどっとこむ
SoftBankE5383無制限
タイプサブスクチャージレンタル
初期費用
事務手数料
3,300円
ルーター購入費用
19,580円
なし

通信料金
(国内使用)
20GB/月: 2,178円
40GB/月: 2,728円
100GB/月: 3,278円
1GB:500円
3GB:980円
7GB:1980円
使用期限:30日
無制限
1日: 429円
1ヵ月: 4,840円

通信速度

下り最大150Mbps

下り最大150Mbps

下り最大300Mbps
データ容量追加可能可能
(通信料金と同額)
不要
(無制限)
契約縛り2年なしなし

2年以上モバイルWiFiを利用し続ける場合を想定して、【Trip WiFi】をサブスクタイプで最安級の月額料金を誇る【ZEUS WiFi】と比較してみましょう。

上の表をご覧頂ければ一目瞭然ですが、1ヵ月に使用するデータ使用量が3GB以下の人はTrip WiFiを利用する事で、より安くモバイルWiFiを利用することができます。

特に1ヵ月で1GBしか使用しない人は30日ごとに500円しか支払う必要がないため、ZEUS WiFiを利用した場合と比べると毎月1,678円もお得になります。

これなら初期投資であるルーター代19,580円も1年で回収できてしまいますね。
しかも、それ以後は毎月500円という格安料金でモバイルWiFiを利用できてしまいます。

ところで、データ使用量が7GBの場合でも、月額利用料(Trip WiFiの場合はチャージしてから30日)はTrip WiFiの方が安く済みます。
しかし、この場合はZEUS WiFiの20GBプランと大差ない金額になってしまいます。

ルーター購入費用を考え合わせると、1カ月に3GB以上のデータ通信を利用する人は、ZEUS WiFiを選択する方が良いかもしれません。

一方、数カ月に1回程度しかモバイルWiFiを利用する機会がない人は、その都度レンタルする方が良いかもしれません。
利用頻度が少ないと最初に購入したルーター代を回収することが難しく、結果的に割高になってしまいますからね。

つまり、Trip WiFiの利用をおすすめできるのは、以下の2つの条件の両方にあてはまる人です。

  • 1ヵ月に1回以上の頻度でモバイルWiFiを利用する人
  • 1カ月のデータ使用量が3GB以下の人

上記にあてはまる人は、Trip WiFiの利用を検討してみると良いでしょう。

逆に、毎日使いたい人は【ZEUS WiFi】、利用頻度が少なく数カ月に1度くらいしか使わないという人は【WiFiレンタルどっとこむ】を利用する方が良いでしょう。


TripWiFiは「クラウドSIM」対応!いつでもどこでも最速の通信速度

モバイルWiFiを選ぶときに注目しておきたい項目の1つに「通信回線のキャリア」があります。
キャリアごとに、「つながりやすいエリア」と「つながりにくいエリア」が異なるため、自分がよく使うエリアと相性が良くないキャリアの回線だと、通信品質が低下してしまう可能性があります。

しかし、Trip WiFiは「クラウドSIM」に対応したルーターを使用しているため、この問題を気にする必要がありません。

なぜなら、クラウドSIMに対応したルーターは使用しているエリアで最もつながりやすい回線に自動的に接続してくれるからです。
つまり、常に最高の通信環境でデータ通信を利用できるのです。

Trip WiFiを利用していれば、どこに行っても安心できますね。

Trip WiFiは契約縛りも解約金もなし!使うタイミングはご自由に!

Trip WiFiは最初にルーターを購入し、あとは必要なデータ容量をチャージして利用するので「契約」をする必要がありません。
従って、「契約縛り」もないし「契約解除料(解約金)」を支払う必要もありません。

一度チャージしたデータ容量を使い切った後、しばらく使わないで放置しておき、1か月後に再びチャージして利用する、なんていう自由な使い方もできます。
料金を支払うのはチャージする時だけで、利用していない期間はお金がかかりませんからね。

ただし、一度チャージしてしまうと30日で期限切れになってしまうので、その点は注意が必要です。

TripWiFiなら必要な時に「すぐ」使える!

「利用頻度が少ないなら、その都度レンタルすれば良いんじゃないの?」

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

実際に、数カ月に1回しか使わないような人は、その都度レンタルする方がコストを安くできる可能性があります。

しかし、レンタルでモバイルWiFiを利用する場合には、郵送や指定場所でのルーターの受け渡し作業が必要になる事を忘れてはいけません。
レンタルする度にルーターを「借りる」作業と「返す」作業をするのは結構面倒です。

レンタルに必要な作業を省略したい人は、利用頻度が少なくてもTrip WiFiを活用する事を検討してみましょう。

Trip WiFiのデメリットは初期費用が高いこと

ここまでTrip WiFiの優れたメリットをご紹介してきました。

使い方によってはとても魅力的なTrip WiFiですが、注意すべきデメリットもあります。
それは。。。

初期費用(ルーター購入費用)が高い!

ことです。

レンタルでモバイルWiFiを利用する場合は、初期費用はかかりませんし、サブスクタイプのモバイルWiFiを契約する場合でも初期費用は事務手数料3,300円のみです。
これに比べるとTrip WiFiの初期費用(ルーターの購入費用)である19,580円は高いと言わざるを得ません。
Trip WiFiを利用する場合は、この点を考慮に入れておく必要があります。

しかし、すでに解説したように、Trip WiFiを利用するのに適した人(1ヵ月のデータ使用量が3GB以下の人)は、1ヵ月の料金が980円以下で済むため、1~2年程度で初期費用が回収できてしまい、それ以後は格安料金でモバイルWiFiを利用することができます。

しかも、必要な時だけチャージして使う人(使用しない期間がある人)の場合は、実質的に料金を支払わない月もあるので、さらに早く初期費用を回収できてしまいます。

自分の使い方をよく考えたうえでTrip WiFiを選択すれば、それ程大きなデメリットにはならないでしょう。

【まとめ】Trip WiFiで自分にピッタリなモバイルWiFiライフを!

この記事ではTrip WiFiの優れたメリットをご紹介してきました。

Trip WiFiは自分の状況に合わせて利用できる自由度が高いモバイルWiFiです。
利点を活かして使いこなせれば、自分のライフスタイルに合わせて自由に活用しつつコストも節約できるでしょう。

1ヵ月に1回以上はモバイルWiFiを利用するけど、データ使用量は3GB以下、という人はTrip WiFiの利用を検討してみてください。

大容量のデータ通信を無制限に使用したい方はコチラの記事!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる