【ガーミンアプローチS60】純正ベルトの交換方法とおすすめのベルト

ガーミンアプローチS60を買ったけどイマイチ自分の腕にフィットしない
自分のアプローチS60をもっとスタイリッシュでカッコ良くしたい

この様に感じているアプローチS60のユーザーは意外に多いかもしれません。

ところで、アプローチS60のベルトは簡単に付け替える事ができる事をご存じでしょうか?

個人的には、アプローチS60は購入したままの標準仕様でも十分にカッコいいし、比較的使いやすいと感じていますが、利用シーンや自分の好みに合わせてベルトを交換すると、さらにカッコよく、使いやすくする事ができます。

この記事ではアプローチS60のベルト交換に関して、おすすめの交換ベルトとその特徴、ベルトの交換方法に関してご紹介していきます。

自分のアプローチS60をもっとスタイリッシュにカッコよくしたい方や、利用シーンに合わせて使いやすくカスタマイズしたい方は、この記事を参考にしてみてください。

【ガーミンアプローチS60のラインナップについて】

【GARMIN Approach S60 / ガーミンアプローチS60】は、ブラック/ホワイト/セラミック/プレミアムの4種類がラインナップされています。
(プレミアムは販売を終了し、仕様の一部を変更してセラミックとして販売されています。)
この記事は「セラミック」を実際に使用して作成していますが、4種類は外観が違うのみで機能は同じですので、ブラック/ホワイト/プレミアムもこの記事の内容と同様に使用できます。

目次

【GARMIN Approach S60 /ガーミンアプローチS60】の魅力

筆者はガーミンアプローチS60セラミックをゴルフはもちろん、日常的な普段使いでも愛用しており手放せないアイテムとなっています。
アプローチS60に対して筆者が感じる魅力は下記のような点です。

【ゴルフナビゲーション(距離計)としての魅力】
  • ピンまでの距離が一目で分かる
  • 画面のデザインが見やすい
  • 持ち運びが簡単
  • 「ショット位置」「飛距離」「使用クラブ」を簡単に記録できる
  • 自分のプレーをデータで解析できる
【スマートウォッチとしての魅力】
  • 消費カロリーなどヘルスデータを記録してくれる
  • スマートフォン連携機能がありメール受信などの通知を受け取れる
  • スタイリッシュでとにかくカッコいい

この様にアプローチS60にはたくさんの魅力がありますが、これらとは別にもう一つ

ベルトやウォッチフェイスを自分好みにカスタマイズできる

という魅力を忘れてはいけません。

以下ではアプローチS60のベルト交換に関して、交換ベルトの特徴、おすすめのベルト、ベルト交換の方法、などをご紹介していきます。

【GARMIN Approach S60 /ガーミンアプローチS60】の純正ベルト

最初に、新品で購入した場合に付属している純正ベルトについて情報を整理しておきたいと思います。

アプローチS60の純正ベルトはモデルによって異なります。

  • ブラック/ホワイト: シリコンゴム
  • セラミック: レザー(皮)

ちなみに、下の写真はアプローチS60セラミックに最初から付属している純正レザー(皮)ベルトです。

ガーミンアプローチS60の純正レザー(皮)ベルトの写真

シックなブラックベルトでカッコいいですね。
セラミックを所有している方で、この純正ベルトが気に入っている方はそのまま使用すればOKだと思います。

ただ個人的には利用シーンにあわせてベルトを交換(付替え)することをおすすめします。
(個人的にレザーベルトはあまり好みではありませんし。。。)

交換をおすすめする理由は、1種類のベルトですべてのシーンでの使用や使用者の好みを満たす事は難しいと思うからです。

後に詳しく解説致しますが、ガーミンアプローチS60のベルトは簡単に交換(付替え)ができますので、利用シーンや好みに合わせて付け替えないともったいないです。

付け替えベルトの種類とおすすめの使い方に関しては以下で詳しく解説致します。

シーンで付替えがおすすめ!ガーミンアプローチS60の交換ベルトの種類

ガーミンアプローチS60で使用できる交換ベルトの素材は大きく分けて3種類あります。

  • シリコンゴム
  • レザー(皮)
  • メタル(金属)

各種の交換用ベルトが各社から販売されていますのでお好みに合わせて使用するのが良いでしょう。
ちなみに利用シーンに合わせたおすすめのベルトの使い方は以下の通りです。

素材別おすすめの利用シーン
  • シリコンゴム: スポーツ全般、水をあつかう仕事、普段使い
  • レザー(皮): 涼しい時期のビジネスや普段使い
  • メタル(金属): ビジネス、普段使い

素材ごとの特徴についてもう少し詳しくご説明します。

シリコンゴムベルトの特徴とおすすめの利用シーン

もっとも選択しやすいベルトはシリコンのベルトでしょう。
実際に使用している方も多いですし、比較的手軽な価格で種類も豊富に販売されています。
アプローチS60ブラックとホワイトの純正ベルトはシリコンゴム製です。

シリコンのベルトは(ベルトの厚みにもよりますが)多少の伸縮性があり滑りにくいので、キツく締め付けて固定したい場合に向いています。
また軽いのでラクに付けていられるという特徴があります。

普段使いのファッションアイテムとしてももちろん使えますが、ゴルフでラウンドする際に付け替えて使うのに最適な素材でもあります。
実際、シリコンのベルトを着けているだけでアクティブな印象を演出できます。

さらに、水にぬれても傷まないので、水をあつかう機会が多い方にもおすすめです。

一方、レザーやメタルのベルトに比べると、紫外線などの影響で劣化しやすいため、比較的耐久性が低い(つまり壊れやすい)のが弱点です。
また場合によってはチープな印象を与えてしまうので要注意。
特にビジネスシーンにはあまり向いていないでしょう。

シリコンベルトのメリット
  • 種類が豊富で選択肢が多い
  • 伸縮性があり締め付けやすい
  • 軽い
  • 耐水性がある(水濡れに強い)
  • ファッションアイテムとしても使いやすい
シリコンベルトのデメリット
  • レザーやメタルに比べると劣化しやすく壊れやすい
  • チープな印象を与えてしまう場合もある
  • ビジネスパーソンには不向き

レザー(皮)の特徴とおすすめの利用シーン

レザー(皮)のベルトは、軽くて丈夫という特徴があり、シリコンベルトよりは高級感があるためビジネスシーンでも使用できると思います。

しかし、水や汗にぬれると「シミ」になりやすいため、水をあつかう機会が多い方や、スポーツシーンでの使用はおすすめできません。

またレザー自体は丈夫ですが、表面は使用しているうちに徐々に汚れたり劣化したりするため、レザーの表情の変化が気になる方には向いていません。

逆に、レザーの表情の変化を「味わい」として楽しめる方にはおすすめできる素材です。
汗をかかない季節であれば、普段使いやビジネスシーンで使用するのも良いでしょう。

レザー(皮)ベルトのメリット
  • 高級感を演出できる
  • 軽くて丈夫
  • レザーの表情の変化を「味わえる」方にはおすすめ
レザー(皮)ベルトのデメリット
  • シミができやすい
  • レザーの表情の変化を「味わい」と感じない方には不向き

ちなみに、アプローチS60セラミックの純正ベルトはレザーです。

メタル(金属)の特徴とおすすめの利用シーン

メタルベルトの特徴は、何と言っても頑丈で汚れにくく、高級感を演出しやすいことです。
ビジネスシーンで使用する場合にはもっともおすすめできる素材です。

一方、「重い」という難点があり、慣れるまでは違和感を強く感じるかもしれません。
メタルベルトの特性上、腕にぴったりフィットするサイズにベルトを調整する事は難しため、「ズレ」ないようにキツく締め付ける事はできません。
つまりゴルフをはじめとしたスポーツには不向きと言えます。

メタルベルトのメリット
  • 頑丈で汚れにくい
  • スタイリッシュで高級感を演出しやすい
  • ビジネスシーンに最適
メタルベルトのデメリット
  • とにかく重い
  • ズレない様に締め付ける事は難しい

ちなみに筆者は、普段はアプローチS60の筐体のカラーに合わせたブラックのメタルベルトを使用しており、ゴルフでラウンドする際には同じくブラックのシリコンベルトを使用しています。
どちらのケースも外観や使い勝手に不満はなくお気に入りの使い方となっています。

あなたの好みはどれ?おすすめの交換ベルト

ここまでで3種類の素材のベルトをご紹介してきました。
この章ではそれぞれの素材のベルトで、個人的におすすめできる製品をご紹介していきます。
どれも比較的コスパに優れた良品だと思っています。

  • シリコンゴム
  • レザー(皮)
  • メタル(金属)

ここまでの解説の流れにあわせて以上の順にご紹介します。

おすすめのシリコンベルト

シリコンベルトのおすすめは【Maxku Garmin ForeAthlete 935 / Approach S60 / Fenix 5 バンド 交換ベルト】です。

軽くて伸縮性がありキツく締め付けやすいベルトです。
薄いベルトですので耐久性が低そうに見えますがまったく問題ありません。
また、水にぬれても平気なので幅広いシーンで使用できます。
カラーバリエーションも9色ありますので、お好みの色も見つけやすいと思います。

個人的には好きなデザインですが、同じシリコンベルトでも厚手の「ゴツい」ベルトが好みな方には不向きかもしれません。
筆者はゴルフのラウンドや練習場に行くときに、このベルトを使用しています。

おすすめのレザー(皮)ベルト

筆者が使用しているのは【ガーミンアプローチS60セラミック】ですので、購入時には純正のレザーベルトが取り付けられています。
しかも本人はレザーベルトがあまり好きではないので基本的にレザーのベルトは使用しません。

従ってレザーの交換ベルトを購入する動機がなく、あまりリサーチできていないのですが、購入するなら【For GARMIN(ガーミン) Fenix 5 Quick Release Easy Fit 交換バンド/ベルト 本革レザー製】を購入すると思います。

比較的お手頃価格で無難なデザインだと思います。

おすすめのメタル(金属)ベルト

ビジネスシーンで使用するなら断然メタルベルトをおすすめします。
やはり見た目の高級感・フォーマル感が格段にあがります。

筆者のおすすめは【Kartice Compatible ガーミン approach s62/Fenix 6/Garmin(ガーミン) Instinct/Fenix 5 Plus/Fenix 5/forerunner 935 / Approach S60 バンド (22mm、ブラック)】です。

材質はステンレスで重いため、ゴルフ場でのラウンドや練習場での練習に使用するのは不向きですが、ビジネスシーンで使用するならこちらがおすすめです。
筆者はビジネスと普段使いにもこのメタルベルトを使用しています。

デザインもコスパも良く、個人的にはかなり気に入っています。

唯一の欠点は「重い」事で、慣れるまでは装着した腕が筋肉痛になるかもしれません。
(筆者は実際に筋肉痛になりました。。。)

コスパは気にせず、少しでも軽いメタルベルトをお探しならば、下記の様なチタン製のメタルベルトもあります。

ガーミンアプローチS60のベルト交換の方法

ガーミンアプローチS60のベルトを交換する方法はとても簡単です。

ガーミンアプローチS60用に作られたベルトは、下の写真の赤枠の中にあるスライダーを矢印の方向にスライドさせる事で、ウォッチ本体との着脱が可能となります。

ガーミンアプローチS60の交換ベルト付け替え部の写真

スライダーをスライドさせて純正のベルトを取り外し、同様にして今度は交換用ベルトのスライダーをスライドさせつつ本体に装着すれば、ベルトの交換が完了です。

操作は大変簡単なので、頻繁にベルトを付け替えても気にならない点がすばらしいです。

実際にベルトを付け替えた様子も記事にしていますので、ご興味あれば下記の記事もご覧ください。

まとめ

この記事では【GARMIN Approach S60 /ガーミンアプローチS60】のベルト交換に関して解説してきました。

ガーミンアプローチS60用の交換ベルトは多くの製品が販売されているので、利用シーンに合わせて素材やカラーを選ぶことできます。

お気に入りのベルトを見つけてアプローチS60を自分好みにカスタマイズして使いましょう。



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる